病院での勃起不全治療

病院で勃起不全を治療する場合のプロセスを説明します。
病院やクリニックによって差はあるものの、ED相談の手順はおおむね似たようなものなので事前に知っておきましょう。
事前に知っておくことで、病院での勃起不全治療に対して恐れがなくなります。

  • STEP1:受付
    受付で勃起不全の治療を希望していることを伝えましょう。
  • STEP2:問診
    問診では勃起不全の原因、勃起能力について質問されます。
    また、(心因性ではない)勃起不全の治療はほとんどの場合が投薬治療ですので、安全に服用できるかどうか必要に応じで採血したり、血圧、脈拍の検査、尿検査、心電図測定を行います。
    このとき、性的な悩みなので恥ずかしいかもしれませんが、根本的な治療を目指しているのなら、ありのままの現状を医者に伝えることが必要です。
    問診の前に、『セルフチェック問診票』でチェックしておくと問診が捗ります。
  • STEP3:処方
    治療薬の服用の方法や注意点を教わります。
  • STEP4:会計
    勃起不全の治療は健康保険が適用されないため、診察費・検査費などすべて自己負担です。
    ただし、最初に述べたようにその料金は抑えられているところが多いです。
    また、保険が適用されないため、保険証を提示する必要はありません。

以上が勃起不全を病院で治療するときの主な流れです。
重要なのは問診で自分の男性器の状態をどれだけ相手に伝えられるかです。
恥ずかしがっていては正確な情報を相手に伝えることはできません。そして、正確な情報を伝えなければ根本的な治療はできません。
勃起不全の治療を目指すなら自分の状態をしっかりと把握し、それを相手に余すことなく伝えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ