ペニス増大でEDを治す

現代人のED治療事情

陰茎・亀頭を大きくすることでEDを治療することができます。

これは医学的にも証明されていることであり、最近ではペニス増大をすることでの勃起不全治療を試みる人が増えてきています。

EDは原因によって4種類に分類することができ、中でも「器質性ED」と「心因性ED」に悩む人の数は群を抜いています。

器質性EDは身体の不調が原因のEDで、具体的には血行不良や毛細血管の縮小、動脈硬化といった症状があらわれると勃起しにくくなります。

心因性EDは心の不調が原因のEDで、具体的には性的なトラウマやコンプレックス、強いストレスといったものが勃起不全の元となることです。

どちらも現代に生きる日本人には馴染み深い要素であり、かつては40代以降の中年期特有の症状と言われていたEDも、今では20代で治療に励んでいるという話も珍しくありません。

この2つの厄介なEDはそれぞれ異なった治療法が必要であり、前者は主に投薬、後者は主にカウンセリングで治す傾向があります。

実はこの2種のED治療をペニスを大きくすることで両方とも治すことができるのです。

ペニス増大とED治療の切っても切れない関係性?

ペニスを大きくすることでのED治療はクリニックで陰茎・亀頭増大手術よりもペニス増大系精力剤を使う方が効果的です。

なぜなら、ペニス増大系の精力剤にはほとんどの場合、滋養強壮成分や男性ホルモンの分泌を促進させる成分だけではなく、血管拡張成分や血行促進成分が含まれているからです。

この血液へはたらきかける成分はペニスを大きくするのに大きな役割を果たしますが、それだけでなく器質性EDの原因たる血行不良や毛細血管の縮小、動脈硬化といった症状を改善することにも繋がります。

つまり、ペニス増大系精力剤を服用するだけで器質性EDの治療もできるということです。

そして、ペニスを大きくすることによって性的なトラウマやコンプレックス、性交に対するストレスを解消することにも繋がるというデータが出ています。

これは自身のペニスに対しての劣等感がペニスのサイズアップによって解消されるからです。

つまり、ペニスを大きくしてコンプレックスやストレス緩和=心因性EDを改善することができるということです。

一度、ED治療に行き詰まったのならペニス増大を試すことを強くお勧めします。

しかし、注意しなければいけないのが、ペニス増大サプリならなんでも服用すればいいというものではななさそうです。

たしかに増大サプリでけにかぎらず、サプリメントに選び方は自分にあう合わないがあるので、注意すべき点ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ