食事でEDを治す

毎日の食事を見直してED治療

毎日の食事を見直し、悪い部分を改善するだけでEDの改善に期待することができます。

EDは原因によって器質性ED、心因性ED、混合型ED、薬剤性EDと4種類に分類することができますが、中でも器質性EDは血行不良が原因だったり、勃起するのに必要な栄養素や精子を生成・分泌する栄養素が不足していることが原因だったりと体の不調による部分がかなり大きいです。
これは現代人の食生活(不規則な時間帯での食事、偏った食事、コンビニ弁当・カップ麺・ファーストフードの大量摂取)による部分が多く、かつては中年以降の悩みだったEDも今では若い人の悩みにもなりつつあります。
そして、逆に言えば毎日の食事さえしっかりと摂っていれば器質性EDの元凶となるようなことは老いによる体力の低下以外あまり考えられないということです。

食事によるED改善に臨むのなら精力回復効果や滋養強壮作用のある食品を優先的に摂取するようにしましょう。
中でも【牡蠣】は男性としての力を漲らせ、EDを克服するためには欠かせない食材です。
他にも山芋、うなぎ、にんにくといったスタミナや精力がつくと言われている食事は実はペニスにも大きな活力を与えるのです。
これら食品を定期的に無理なくバランスよく摂取することで、健康な精子を大量に生成・分泌することができるので、勃起力や射精感を高めることができます。
また、血液をさらさらにすると言われているものを食べることで、血行を促進し血流を改善することにも期待できます。
この血液が正常になることが、EDの改善に繋がるということです。
つまり、EDは食事方法を改善することで改善することができるのです。

しかし、こういったことに気を付けながら毎日ご飯を食べるのは難しいです。
そのため、あくまでこういった食生活になるよう気を付けながら不足しがちな部分は精力剤で補うことをおすすめします。
つまり、効率の良いED治療とは毎日の気を配った食事と効果のある精力剤によって織り成されるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ