勃起不全とは

みなさん、勃起不全(ED)という病気を知っていますか?
数年前まではインポもしくはインポテンツと呼ばれていた症状ですが、学会によって「勃起しないのは立派な病気であるにもかかわらず、インポという呼び方ではその深刻さ・本人にかかる負担が伝わりにくい。よって呼称をED(Electile Dysfunction:勃起障害、勃起不全)に変更する」と呼び方が変わった経緯があります。
この経緯で分かるように勃起不全は、国際的にも立派な病気として捉えられており、また、ただ生きているだけでは決して自然治癒するような病気ではありません。勃起不全の治療には手術や投薬、問診が必要です。

EDとは勃起機能の低下を意味します。
この勃起機能の低下の度合いは広く、まったく勃起しないことを指すのは当然ですが、たまにセックスの途中で中折れする、勃ちが悪くなるといったようなことでも軽度の勃起障害として扱われます。また、勃起するのに時間がかかってしまうことも勃起不全の症状に含みます。
専門的な定義では、「陰茎の隆起の発現あるいは維持ができないために、満足に性交を行うことができない状態が75%の確率で起こる」ことを勃起不全と呼びます。
ここで重要になってくるのが、「性欲がわかない」状態や「射精できない」状態だから性交を行うことができないというのは勃起障害には含みません。

そもそも勃起とは、脳で受けた情報(いわゆる性的な刺激)を神経を通して受け取り、また神経を通して伝播し、それにより海綿体に多量の血液が流れ込み硬化することを指します。
このプロセスの中でどれか一つでも欠けたら、その機能が低下したら、勃起不全に陥ります。
マスターベーションなどによる直接的な接触はもちろん、妄想による非接触の刺激によっても通常なら男性器は勃起しますが、勃起不全に陥った場合、接触非接触にかかわらず勃起しなくなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ